読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

てきとう雑記

ミニマリストに憧れています。片付けや物、生活について適当に書くブログです。

ユニットバスにあるもの

 

今のお風呂はユニットバスです。

狭いし、追い炊き機能はありません。

風呂イスや風呂桶が必要ないこと(人によりますが)、風呂・トイレが一緒に掃除できることはメリットだと思います。

トイレ本体に水はかけないけれど、風呂上がりに床に水をかけ、体を拭いたフェイスタオルでトイレタンクや蓋、床などを拭きます。

 

この「ついで掃除」ができるようになったのは、シャワーカーテンをやめたからです。

風呂上がりに床を拭いたら必要ないと気づき、処分しました。

シャワーカーテンがないともちろん床やトイレも多少濡れます。

すると、必然的に拭くことになります。不思議と面倒臭さを感じません。

シャワーカーテンをやめたメリットは他にもあります。

入浴時、シャワーカーテンが体にまとわりつくのが不快でした。

生乾きのニオイやカビも発生しやすいので、度々の手入れが必要です。

そんな煩わしさからも解放されました。

 

他にもやめたものがあります。

湯シャンにしたので、シャンプー・リンスはありません。

ボディソープはミヨシの液体石鹸泡タイプにしたので、石鹸、石鹸ホルダー、洗顔用石鹸、洗顔用泡だてネットを処分しました。

手も顔もボディソープで洗います。

手で体を洗うようになったので、ボディタオルも処分しました。

歯磨きは歯ブラシだけでツルツルになるので、歯磨き粉を使うのをやめました。

風呂掃除用のスポンジも処分しました。風呂上がりにボディソープをつけて手で洗ったり、掃除用の手ぬぐいで洗うようにしたのでやめました。

今、ユニットバスにあるのは、ボディソープボトル、シャンプーブラシ、カミソリ、歯ブラシ、コップ、スクイージー、フェイスタオルです。

お風呂が終わったらすぐにユニットバスの壁、浴槽、床の水気をスクイージーで切ります。乾きも早いのでカビの発生を抑えられます。

ボディソープボトルは100均、シャンプーブラシ、カミソリ、コップは無印、スクイージーはニトリ、歯ブラシはGUMです。

物が減ったことも「ついで掃除」の促進力になっていると思います。

 

そして、最近バスポケットを買いました。

ユニットバスは壁がプラスチックなので、フックや石鹸ホルダーなど、吸盤でつけるしかないと思っていました。実際、バス用商品の大半は吸盤タイプです。

吸盤はすぐに落ちるのでとてもストレスでした。

けれど、壁に磁石がつくことを知り(全てではないようです)、マグネットタイプの小物入れを購入しました。

東和産業の商品です。白でとてもシンプルな形です。フックや石鹸置き、シャワーホルダーもあります。 

 

 

f:id:atamadekkachi:20170110212847j:plain

↓裏面。磁石はサビにくい仕様になっているそうです。

f:id:atamadekkachi:20170110212852j:plain

シャンプーブラシとカミソリを投入。底はちゃんと穴もあいています。

f:id:atamadekkachi:20170110212929j:plain

↓before

f:id:atamadekkachi:20170110212945j:plain

↓after

f:id:atamadekkachi:20170110212958j:plain

歯ブラシも入れようか迷いましたが、ひとまずこの形になりました。

歯ブラシ収納は、壁につけられるシンプルな歯ブラシホルダーが理想ですが、私が探す限り存在しません。

なので、無印の透明な歯ブラシホルダーを買おうかずっと悩んでいます。

 

今までで一番、物が少ないお風呂場になりました。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村